お得!派遣バイトの制度を知ろう

派遣バイトを始めてみよう!

派遣バイトのいろは

派遣バイトがお得な理由とは

派遣バイトと普通のバイトは、そもそもどのような違いがあるのでしょうか。派遣バイトの仕組みと派遣会社に登録するメリットについて紹介していきます。

派遣と通常のバイトの違い

派遣会社に登録をしてからバイトをすると「派遣会社と雇用契約を結ぶ」ことになります。勤務地や仕事の指示を受けて作業をするのは派遣先の企業においてですが、「給与は派遣会社からもらう」ことになります。直接企業に応募をしたバイトは、もちろん企業に雇用されますし、勤務先の企業から給与をもらいます。この部分が派遣バイトと一般のバイトの大きな違いになります。

時給が高い派遣バイト

派遣会社に登録をしてバイトをすると、直接企業に応募をしてバイトをするよりも時給が高くなることが多いようです。では、何故そのようなことが起こるのでしょうか。それは「社会保険の支払い」に大きな理由がありそうです。
基本的なルールとして、雇用主は従業員を社会保険に加入させる義務があります。社会保険には「健康保険」「厚生年金」などがありますが、これらの保険料は企業が半分、従業員が半分支払うというシステムになっています。バイトは雇用主が企業ですので、企業が社会保険料を支払います。しかし派遣バイトの場合は、雇用主が派遣会社ですので、派遣会社が社会保険料を支払うことになります。当然企業の支払いの負担が軽くなり、その分のお金が「時給に上乗せ」されて派遣バイトに還元されていると思われます。

企業側のメリットとは

派遣バイトを雇うことは企業側にもメリットがあります。まず「自分たちの力で人材を探さなくて済む」ということです。バイトを募集するためには、求人広告を作成し掲載するメディアを選び、メディア使用料を払う必要があります。その後も応募者の履歴書を読み、面接の段取りをして面接を実施するという手間とお金がかかります。これらの作業をすべて派遣会社が代行してくれるというサービスを利用することは企業にとってかなりのメリットです。
また派遣会社から送られてくる派遣バイトが職場の雰囲気に合わない場合は、派遣会社に相談して他の人を紹介し直してもらうことができます。直接雇用した場合はそう簡単に話が進みません。企業は派遣会社を利用することで雇用のリスクが軽減されるのです。

応募の手間が大幅に軽減

応募する側としてもメリットがあります。派遣会社に登録する時に「希望の職場」について話しをしておくと、派遣会社が代わりに探してくれます。自分で探す手間が省けるので、その間にバイトをしたり資格の勉強をしたりすることができます。またバイト先を変える時に、直接応募をする時は毎回履歴書を作る必要があります。しかし派遣会社に登録をすると、初めに使用した履歴書を使いまわしてくれるので2度手間にならないで済みます。履歴書の作成には写真を撮影したり用紙を購入したり、手間とお金がかかりますのでメリットが大きいと思います。

派遣バイトがお得な理由とは