派遣バイトから正社員になれる制度も

派遣バイトを始めてみよう!

派遣バイトのいろは

正社員になれるチャンスもある

「派遣」と一口に言いますが、「一般派遣」「特定派遣」「紹介予定派遣」の3つに分けることができます。これらの派遣方式によって、仕事をする上での安心感や報酬が大きく変わります。自分がどの方式で働きたいか、働きはじめる前に知っておくといいでしょう。

派遣の代名詞「一般派遣」

いわゆる「派遣」と聞いて一般的に想像される雇用形態が「一般派遣」です。まず派遣会社に登録をして、その後、派遣会社から紹介された勤務先で働いている期間だけ派遣会社と雇用契約を結びます。雇用主は勤務先の会社ではなく派遣会社になります。そして派遣会社に登録をしていても、紹介された勤務先で働いている期間以外は派遣会社と雇用契約を結べませんので給与も出ません。派遣登録をしていても仕事がない時はバイトをするなど自由に活動できるというメリットはありますが、収入が不安定になりやすいというデメリットもあります。

派遣会社の正社員「特定派遣」

それでは「特定派遣」と「一般派遣」の違いはどのような部分でしょうか。まず一般派遣の場合は登録をしても雇用解約を結ばない限り、つまり紹介先の企業で勤務をしていない期間の給与は出ませんが、特定派遣の場合は給与が出ます。特定派遣として派遣会社に登録をした時点で「派遣会社との雇用契約を結ぶ」ので、紹介先の企業で勤務するかどうかとは関係なく給与が出るのです。いわば「派遣会社の正社員」になり、出向のような形で紹介先の企業に行くイメージです。
特定派遣として登録ができると、仕事がなくても給与が得られるという大変大きなメリットがあります。安定した収入を得ながらいろいろな職場で働いてみたいという人におすすめの制度です。

正社員の可能性あり「紹介予定派遣」

最後に「紹介予定派遣」についてです。紹介予定派遣は「将来的に正社員になる」という予定のもと、紹介先の企業に最長6か月間派遣社員として勤務します。6か月後、勤務先と派遣社員側が双方合意を果たした場合に、派遣先の企業に正社員として雇用されます。
紹介予定派遣のメリットは、まずは派遣社員として働き、紹介先の企業の職場環境を体験できるという点です。体験の時点で「この企業は自分に合わない」と感じれば6ヶ月後に合意をせずに断ることもできるので、正式に雇用されてからミスマッチだったと分かるより、派遣社員と企業どちらにもメリットが大きいでしょう。
派遣社員としての試用期間を経て正社員になると、すでに職場の人とは顔見知りで、仕事内容についても把握した状況ですのでスムーズに働きはじめることができそうです。また正社員として働く道筋がついている状況で働けることも大きなメリットです。いつまでも派遣社員として働き続けるつもりがなく、いつかは正社員になりたい人はぜひ利用したい制度です。

正社員になれるチャンスもある