派遣バイトは就職活動の選択肢

派遣バイトを始めてみよう!

派遣バイトのいろは

就職活動をしている方へ

正社員を目指して就職活動中の方も、働き方の選択肢として派遣バイトも検討してみてはいかがでしょうか。派遣バイトには「紹介予定派遣」という制度があります。紹介予定派遣とは、正社員雇用を前提として働く派遣バイトのことです。最長6か月間の試用期間を派遣バイトとして働き、雇用主と労働者の双方が納得したら正社員として改めて雇用されることになります。正社員として入社する前に会社の雰囲気や人間関係などを知ることができるのは、働く立場からしても大きなメリットといえます。

通常バイトとの違い

通常バイトとの違い派遣バイトと通常のバイトの違いとして「雇用先」の違いがあります。派遣バイトは派遣会社に雇用され、通常のバイトは勤務先に雇用されます。そのことにより待遇や時給などに違いが生まれます。比べると派遣バイトのほうが有利なことが多いでしょう。また雇用期間にも差が出ます。派遣バイトは期限が来ると他のバイト先にうつりますが、通常のバイトは働きたいだけ働くことができます。気に入ったバイト先をみつけた場合は通常のバイトのほうがいいかもしれません。

正社員になれるチャンスもある

正社員になれるチャンスもある派遣バイトをすると通常のバイトよりも正社員になりやすいかもしれません。派遣会社の正社員として仕事ができる「特定派遣」という方法と、最長6か月の試用期間の後、派遣社員と紹介先の企業が合意をすれば正社員になれる「紹介予定派遣」という方法があるからです。正社員になると安定して収入を得られるなどメリットが多いのは事実です。正社員に興味がある人は「特定派遣」と「紹介予定派遣」を利用できるかどうか確かめてみましょう。